ちょっとしたお役立ち情報を提供する雑記ブログ。アプリ、仮想通貨など。

実は美味しいベラ(キュウセン)をちょい投げで釣る仕掛けを解説します!

アバター
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

皆さんベラという魚はご存知でしょうか?

よく、東日本ではベラは外道扱いされ、あまり食されないと聞き、
一方の関西から西日本では美味しい魚として食べられている、と聞きます。

実際のベラですが、毒を持つ訳でもなく、あっさりとした白身で美味しい魚です。
また海釣りにおいて、貪欲に餌にアタックし、小型ながら強い引きで楽しませてくれる魚です!

今回はそんなベラ(キュウセン)の特徴と、オススメの仕掛けについて解説していきます!

ベラ(キュウセン)とはどんな魚?

日本に生息するベラは数種類います。
この中でもキュウセンと呼ばれるベラの特徴をご説明します。

9本の線が見られることから「キュウセン」と呼ばれています。
海釣りで最もポピュラーなベラの一種です。

見た目はカラフルであまり美味しくはなさそうですよね😅
ただ捌いてみると、白身であっさりした魚です。

オスは鮮やかな緑の体色から「アオベラ」と呼ばれ、
メスはやや赤い色をしているので「アカベラ」と呼ばれています。

ベラはオスに性転換する魚!

ベラは若い個体のほとんどがメスであり、大きくなるとオスへ性転換する魚です。
このことを「雌性先熟」と言います。
小さなオスは大きなオスに繁殖で負けてしまうことが多いため、大きくなったところでオスに性転換することで子孫を残していく性質です。

オスであるアオベラの方が大きく、釣りの引きも味もメスより優れています。

ベラが潜む場所について

ベラは日本全国の浅い沿岸部に生息しています。

細かいポイントとしては、浅い岩場や砂底を好んで生息していますので、堤防からのちょい投げで簡単に狙うことができます。
釣り場の足元に小さな岩が落ちているとその周辺が狙い目になります。
キス釣りのポイントでも釣れることが多いので、セットで狙うこともできますよ✨

ベラが釣れる時期について

ベラの旬と、釣れるシーズンはいずれも真夏です。
6月〜9月あたりまでベラ釣りを楽しむことができます。

また日中に活動する魚ですので、早朝から夕方までが狙い目になります。

この特徴はキスに似ていますので、やはりセットで狙うことができますね!

ベラはどんなエサを食べる?

ベラは小さな口ながら、口に入るものは何でも食べる雑食です。
プランクトンから小型の甲殻類や多毛類まで幅広く捕食しています。

釣りで最も効果のあるエサはアオイソメです。
そのまま一本掛けすると、食い千切られることがほとんどですので、3〜4cm程にカットしてセットするのがベストです!

ベラ釣りのオススメのタックルと仕掛けについて

ベラ釣りはちょい投げが最もベストな釣り方になります。
安価なタックルでも十分ですので、初心者向けとも言えます☺️

下記がベラ釣りのオススメのタックルになります。

このタックルの利点を挙げてみます。

  • 安価な道具でも揃えられる
  • セッティングが非常に簡単
  • PEラインを用いるとアタリが高感度になる
  • 仕掛け上、ベラ以外の魚にも代用できる

ハゼやキス、カサゴ等にも代用でき、五目釣りが出来る仕掛けになっています。
ベラがいない時は、その他の魚を釣ることができます!

ロッドとリールについて

ロッドとリールに関しては、長さ・パワーは必要ありません。
ちょい投げができる安価な万能竿でも、十分にベラを釣り上げることができます!

アジングやメバリングのライトゲーム用ロッドを持っている方は、感度の良さと取り回しが良いためオススメです!

リールに関しては、2000〜2500番くらいがベストです。
ロッドとのバランスさえ合っていれば、ガラスケース入りの高価なものでも、ワゴンに入っている安価なものでも、どちらでも大丈夫です!

ラインについて

初心者の方やコストを抑えたい方には、ナイロンが最もオススメです!
ベラのちょい投げでは遠投性が必要ありませんので、糸絡みしづらいナイロンがベターです。

ライトゲーム用タックルを持っている方は、PEラインを使った方が良いです!
伸縮性の無いラインですので、ベラのアタリも高感度に楽しむことができます。

これが絶対!というのはありませんので、もちろんフロロカーボンでも大丈夫ですよ☺️

小型テンビンを使おう

テンビンは投げ釣りで用いられ、仕掛けがラインに絡まるのを防ぐ役割をします。

ベラを狙う時は、小型のテンビンを使いましょう!
テンビンのタイプは、L字型テンビン弓型テンビンが使いやすいです!

テンビンに装着するオモリは、3〜5号程度にしましょう。

キス釣り用の小型テンビンを選んでおけば問題無いです!

仕掛けについて

仕掛けは市販品を購入するのが簡単です。
テンビンと同様に、キス用仕掛けが無難です。
ベラの口は小さいため、キスバリとの相性は良いからです!

ポイントとして、ハリの大きさは6〜8号を用いましょう!

根掛かりのリスクもあるため、仕掛けは複数用意しておくのが基本です。
またポイントによってサイズも異なるので、ハリの大きさも複数あると良いですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風乗りラボ , 2020 All Rights Reserved.