ちょっとしたお役立ち情報を提供する雑記ブログ。アプリ、仮想通貨など。

いなごFlyer(いなごフライヤー)の使い方・おすすめの設定方法を解説します

アバター
WRITER
 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

今回は いなごフライヤー というツールについて解説していきます。

 世界の各取引所におけるビットコインの値動きを、リアルタイムで見ることができるため、ビットコイントレーダーにはもはや必須のツールです。特に短期トレードに役立ちます。

では、そのいなごフライヤーをどのように使うのかをご説明していきます⭐

 

いなごフライヤーってどんなツール?

インターネットのブラウザで使用します。

各取引所のビットコインの注文量を、棒グラフのチャートで見ることができます。

このチャートを見ることによって、どこの取引所で、何枚のBTCが、買われたのか、売られたのか、をすぐに把握できちゃうんです。

また、売買の注文量に合わせて、テレレレ〜⤴とか、バリン!⤵とかアラートが鳴るようになっています。

これが短期トレードにとっては物凄く大事なんですよ!!

例えば、海外で大きな買いが来たな!と気付いたら最速で買い注文を入れます。売りが増える前に利益を確定することで短期トレードが成立するのです。

 

いなごフライヤー公式サイトでは下記のようにご説明しています。

いなごFlyerとは、ビットコイントレーダー向け情報Webサイトです。
世界各地(ビットコイン取引所)で発生する大きな群れ(トレード)を計測するイナゴ投資家向けツール『Bitcoin Market Action Checker』をWebページ上で公開しています。

公式サイト:いなごFlyer

 

このありがたーいツールの開発者様です⬇

 

いなごフライヤーを開いてみよう

では実際にいなごフライヤーを開いてみましょう。

いなごFlyerhttps://inagoflyer.appspot.com

トップページを開いたら、画面左上の、MarketActionCheckerをクリックしてください。

 

すると画面中央部にこのようなチャートが表示されます。

この左に流れていく棒グラフがいなごチャートです。

次にチャートの見方についてご説明します。

いなごチャートの見方

この棒グラフが、売買の注文量を表しています。

真ん中の線(0)より上のグラフが買いを、下のグラフが売りを表しています。

 

ここの数値は各取引所のBTC価格を示しています。

いなごチャートの色と、各取引所の色は一致していますので、どの取引所でいくつ注文されたかがわかるようになっています。

いなごフライヤーで表示される取引所一覧

  • Bitstamp ー BTC/USD
  • Bitfinex ー BTC/USDT
  • Zaif ー BTC/JPY
  • coincheck ー BTC/JPY
  • bitFlyer ー BTC/JPY、BCH/BTC、ETH/BTC
  • bitFlyerFX ー BTC/JPY
  • OKEX ー BTC/USDT
  • HuobiPro ー BTC/USDT
  • BitMEX ー BTC/USD
  • GDAX ー BTC/USD
  • Gemini ー BTC/USD
  • FCoin ー BTC/USDT
  • Binance ー BTC/USDT

値動きに大きな影響を与える取引所を、黄色でマークさせて頂きました。特にBitfinexの影響力はとても大きいので、いなごチャートを使う上では要チェックです。

おすすめの設定

ほぼ初期設定のままで、変更点は少ないですが、おすすめの設定をご紹介させて頂きます。

いなごチャートの下にアラート設定の表があります。

私は上の画像の様に、OKEX_BTCUSD_WKLY、OKEX_BTCUSD_BIWKLY、OKEX_BTCUSD_QTLY、FCoin_BTCUSDTのchart On/Offのチェックボックスを外し、チャートを非表示にしています。

理由は、上記4取引所のいなごチャートは、売買注文量にあまり影響していないかなぁと感じているからです。

Zaifやcoincheckもほとんど影響しませんが、取引所のアカウントを持っていますので一応Onにしています。関係なければOFFで大丈夫です。

Up sound、Down sound、Alert volumeはそのままで良いと思います。初めて使う方は、どの音がどの取引所なのか覚えていってください。何回もしつこく聞くのですぐに覚えます笑

 

設定を変更したら、Setting Save&Loadで保存しましょう。

以上で設定は完了です。

その他の機能・設定について

その他の機能についてはあまり変更することはありませんが、ご紹介させて頂きます。

大量売買の履歴

大きな注文が入った時の履歴です。70BTC以上の注文が入ると更新されていきます。

右側のリンクを開くと、cryptowatchのチャートを見ることができます。

Chart Column Setting

棒グラフを作ると秒数と、棒グラフを表示する本数を設定することができます。

下の画像は初期設定のままです。5秒おきにグラフが作られ、60本表示する設定になっています。

お好みで設定できますが、基本的にはそのままで良いと思います。

Alert Setting

何秒ごとにいなごアラートを計測するか、がAlert Settingです。

初期設定では20秒ごとにいなごアラートが発生しているかを観測し、発生しているとアラートが鳴ります。

こちらもそのままで良いと思います。

Alert Sound Setting

Alert Sound Settingは文字通り、アラート音についての設定ができます。

アラート音のオン/オフ、アラート音の速さ、そしてアラート音のサンプルを聞くことができます。

こちらは必要に応じて音量を調節しましょう。もちろんパソコンやスピーカーの音量調節でも大丈夫です。

View Setting

View Settingは、いなごチャートの表示設定ができます。

Price Board Reverse:売り買いの棒グラフを逆さにできます。

Chart X-Direction Reverse:x軸の向きが逆になります。左から棒グラフが作成され、右に流れて行きます。

Chart Height:棒グラフの高さを設定できます。

Y Axis Fixed:y軸の補助線を固定することができます。

Alert Log

先ほどの、大量売買の履歴の言語設定ができます。日本語か英語を選べます。

Send Alert JSON Message(POST)

Send Alert JSON Message(POST)は、アラートログを外部サーバーへ送信する機能だそうです。

Send Alert JSON Message(POST) この機能は、Alert Logで表示されるログデータをユーザーが指定した外部サーバーへ送信する機能です。 ユーザーが自分でサーバーとWebアプリを用意すれば、ログが送信されたタイミングでトレード自動注文プログラム等を起動することができます。

すごく便利な機能ではありますが、使いこなすのは少し難しそうですね。

Price Board SubRate Currency

各取引所BTC価格の通貨の表示を変更することができます。

初期設定ではJPYですが、USDやEURなどに変更できます。

まとめ

今回はいなごフライヤーの使い方や設定について解説致しました。

BTCの大量注文をグラフとアラート音で教えてくれるので、本当に便利なツールです。

スキャルピングやデイトレといった短期トレードには必須ですので、是非使わせて頂きましょう⭐

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

スポンサーリンク


スポンサーリンク





Comment

  1. […] いなごFlyer(いなごフライヤー)とは?BTCトレーダー必見!使い方解説https://coinotaku.com/?p=6139いなごフライヤー(いなごFlyer)の使い方・見方・設定方法を詳しく解説!https://btc-feed.jp/posts/717いなごFlyer(いなごフライヤー)の使い方・おすすめの設定方法を解説しますhttps://kaze-lab.com/inagoflyer-custom/#Alert_Setting■アルルメモ言わずと知れた鉄板ツール。bitFlyerのレバ規制後もスキャツール不動の王者として燦然と輝き続ける事でしょう。DECOBOARD(デコボード) […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風乗りラボ , 2018 All Rights Reserved.