ちょっとしたお役立ち情報を提供する雑記ブログ。アプリ、仮想通貨など。

「ビットコインLSチェッカー」でロングとショートの比率をチェック!

アバター
WRITER
 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

ビットコインFXトレードをする上で、大手取引所のロングとショートの確認は大事になってきますよね。そこでロングとショートの動向を確認できるのが「ビットコインLSチェッカー」というサイト様です。

ビットコインLSチェッカー公式サイト

ビットコインLSチェッカーでは、指定期間ごとにロング/ショートのポジション合計や比率などをチェックすることが出来ます。

「ビットコインLSチェッカー」を活用して、FXトレードを少しでも優位にしていきましょう!

Bitfinexのロングとショートを確認

トップページにアクセスすると、Bitfinexのロングとショートのグラフを確認できるページになります。
Bitfinexは大量にビットコインを保有していますので、トレードにおいては確認を欠かせない取引所になります。

一つ一つのグラフや機能についてご紹介していきますね。

表示する期間を指定する

BitfinexのLSチェッカーでは、最大3ヶ月までの期間を指定して確認することができます。

左上の「自動更新」を選択しておくと、1分毎にデータが自動リロードされます。リアルタイムで画面表示させておく方は選択しておきましょう。

ロング・ショートポジションの合計


指定期間のロング・ショートのポジション量を表しているグラフになります。
縦軸がビットコインの量で、横軸が時間です。

一見増減が大きく見えたとしても、ロングとショートでは縦軸の枚数が異なるので、比率推移と合わせて確認するのがベストだと言えます。

ロング・ショートの比率


ロング・ショートの比率をビットコインの枚数で示しています。

こちらはロングが多いからといって必ず上がる訳はでなく、むしろ下げる燃料になる可能性があります。逆も然りです。あくまで情報の一つとして参考にしておくと良いと思います。

ロング・ショートの比率推移


指定期間におけるロング・ショートのポジションの推移を示しています。

ビットコインの価格に変動起きるとこの推移も変わるので、ロング・ショートのポジション量と合わせてチェックすることがおすすめです。

ポジション増減数


指定期間におけるロング・ショートの増減数をビットコインの枚数で表示しています。
指定期間が1時間であれば、1時間前の枚数と直近の枚数の増減が表示されるようになっています。

BitMEXのロングとショートを確認

トップページ上部の右上にあるメニューからBitMEXのロング・ショートを確認することができます。

BitMEXはビットコインを始め、アルトコインのFXも取り扱っており、市場に大きな影響を与えている取引所になります。BitMEXの動きも確認することをおすすめします。

BitMEXのLSのチェッカーは、Bitfinexと少し見方が異なるグラフですので個別にご説明していきます。

表示する期間を指定する

BitMEXのLSチェッカーでは、最大24時間までの期間を指定することができます。

Bitfinexと同様に、「自動更新」を選択しておくと1分毎にデータが自動リロードされていきます。

ロング・ショートの勢いチェッカー

ロング・ショート勢いチェッカーは、指定期間における約定した買い注文・売り注文の総量をビットコインの枚数で表示しています。

BitMEXはレバレッジも高く、大きな注文が入ることが多いので、どの時間に何枚売買されたかをこのグラフで確認することができます。

ロング・ショートの比率

こちらはBitfinexと同様に、ロング・ショートの比率をビットコインの枚数で表しています。

累計ロスカット

指定期間における、ロング・ショートのロスカットの枚数を表示しています。

画像の例ですと、暴落によってロングがロスカットしています。ロングは決済の時に売りになりますので、ロスカットが連続すると暴落しやすくなります。ショートはその逆ですね。

資金調達率

BitMEXでは8時間ごとに資金調達率が設定されています。

棒グラフが緑(プラス)の場合は、ロングポジションを持っていると手数料が取られ、ショートポジションを持っていると手数料を貰うことができます。

棒グラフが赤(マイナス)の場合は、ロングポジションを持っていると手数料を貰え、ショートポジションを持っていると手数料を取られます。

上記の画像の場合、3/10 13:00時点では、およそ0.05%の手数料がショートからロングに支払われていることになります。

ロスカット速報

指定期間における、ロスカットの発生状況を示したグラフです。
横軸がロスカットが発生した時間を示しており、縦軸がそのビットコインの枚数を示しています。

BitMEXリーダーボードについて

トップページ上部の右上にあるメニューからBitMEXリーダーボードを確認することができます。

BitMEXリーダーボードでは、上位トレーダーのロング・ショート比率やポジション予想を確認することができます。

更新日時は、日本時間の20時〜23時くらいに更新されます。相場の動きによって、それ以降の時間で上位ランカーがポジションを変えることも考えられますので注意が必要です。

ただ流石の上位ランカーのポジションですので、更新日時あたりは上位ランカーのポシジョン通りに相場が動いていることが多いです。
反対にBitfinexの仕掛けによって大きな損失を被っている場合もありますので、Bitfinexと合わせて確認しておくことが大きなポイントになります。

BTC先物LSチェッカーについて

トップページ上部の右上にあるメニューからBTC先物のロング・ショートを確認することができます。

BTC先物LSチェッカーでは、シカゴオプション取引所とCMEグループにおけるビットコイン先物のロング・ショートのポジション情報を確認することができます。

現在はβ版で、表示されているデータはヘッジファンドの建玉数量のみの記載になっています。

先物では決済日時が確定しているため、毎回その前後で相場に動きが出ます。
ロング・ショート、どちらが優勢なのかチェックしておくことをおすすめします。

イーサリアム、リップル、モネロのLSチェッカー

BitfinexのLSチェッカーのページ左下から、イーサリアム、リップル、モネロ、それぞれのLSチェッカーを確認することができます。

イーサリアム、リップル、モネロ、いずれもBitfinexのデータにになります。

グラフの見方に関しては、BitfinexのビットコインLSチェッカーと同様です。
これらアルトコインのトレードも行なっている方は是非参考にしてみてください。

まとめ

ロング・ショートの動きを細かく観察することはトレードにおいて必須になってきます。
テクニカル分析や、いなごフライヤー等のツールと組み合わせて、トレードをより有利なものにしていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

スポンサーリンク


スポンサーリンク





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風乗りラボ , 2019 All Rights Reserved.