ちょっとしたお役立ち情報を提供する雑記ブログ。アプリ、仮想通貨など。

記事に目次を表示するプラグイン【Table of Contents Plus】の基本的な設定方法

アバター
WRITER
 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

今回はwordpressのプラグイン、【Table of Contents Plus】の設定方法について解説致します。

Table of Contents Plusは、ブログの記事に目次を表示するプラグインです。
記事の見出しごとに、目次を追加してくるので便利です。
wordpressを始めたばかりの人は、是非インストールしておきましょう!

このような目次を設置することができますよ〜

Table of Contents Plusのインストール方法

それではTable of Contents Plusをインストールしていきます。

まずwordpressのダッシュボードを開きます。
左のメニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。
検索バーに「table of contents plus」と入力します。

似たような名前のプラグインが出て来ますが、上記画像のプラグインをインストールします。
右上の「今すぐインストール」をクリックし、その後「有効」をクリックします。

これでTable of Contents Plusのインストールは完了です。

Table of Contents Plusの設定方法

Table of Contents Plusの基本的な設定方法を解説していきます。

ダッシュボード左メニューのプラグインをクリックし、Table of Contents Plusの設定をクリックします。

基本設定画面が表示されますので、上から一つずつ設定していきます。

①目次の表示場所と条件の設定

目次を表示する位置、表示する条件、表示するページを設定します。

下記の画像のような設定がベーシックでオススメです。

「位置」については、「最初の見出しの前(デフォルト)」に設定がオススメです。
記事の一番上に目次が設置されるので見やすいからです。

「表示条件」は、特にこだわりが無ければ「2つ以上見出しがあるとき」で良いと思います。
これは記事に見出しが2つ以上あると、目次を表示するという意味です。
見出しが1つしかない記事では、目次が表示されなくなります。

「以下のコンテンツタイプを自動挿入」ですが、記事ページに目次を入れる場合は、「post」にチェックをいれましょう。
固定ページに見出しを表示させたい場合は「page」にチェックを入れます。

目次のテキスト設定

次に目次のタイトルや、目次の表示・非表示のテキストを設定します。

まず「目次の上にタイトルを表示」にチェックを入れます。
目次のタイトルを入力します。例に習って、「目次」や「コンテンツ」がわかりやすいと思います。

次に「ユーザーによる目次の表示・非表示の切り替えを許可」にチェックを入れましょう。
目次を開いたり閉じたりすることができます。
表示・非表示のテキストは、「開く」「閉じる」などわかりやすい言葉にしましょう。

目次の見出し設定

次に目次に表示する見出し設定を行います。

基本設定画面の一番下の「上級者向け」を開き、見出しレベルの設定を行います。

↑の画像のように、「heading2-h2」「heading3-h3」にチェックを入れましょう。
h2とh3は良く使用する見出しなので、目次にはぴったりだと思います。

以上で基本的な設定は完了です。

外観に関してはお好みで設定してください。

まとめ

今回はTable of Contents Plusの基本的な設定をご紹介しました。

他にも設定項目が複数ありますが、特別なカスタムをしない限りは、今回ご紹介した設定が無難だと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

スポンサーリンク


スポンサーリンク





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風乗りラボ , 2018 All Rights Reserved.